【クレジット決済システム】Stripe(ストライプ)のアカウントを作成する方法

Lメンバーズカードでは、
クレジット決済システムのStripe (ストライプ)と連携することで

  • 有料イベントの予約
  • サブスクプランの販売
  • 回数券の販売
  • ECショッピング機能、その他

にクレジットカード決済を導入することが可能です。

今回の記事では、クレジットカード決済システムStripeのアカウント作成方法を解説していきます。

Stripe(ストライプ)とは

(出展:stripe)

Stripe(ストライプ)とは、スタートアップから大手企業まで、あらゆる規模の企業が活用している決済サービスです。

Stripeのメリット

決済サービスStripeは簡単に導入でき、料金体系もわかりやすいと評判です。

  • アカウント作成が簡単で、「Lメンバーズカード」との連携もあっという間
  • 初期費用や月額費用がかからない(決済手数料3.6%のみ)
  • 多様な支払方法に対応

Stripeアカウントの作成方法

それでは、Stripeのアカウント作成方法を解説していきます。

STEP1:Stripeアカウントにアクセス

まずはStripeのサイトにアクセスし、アカウント登録画面に進みます。

https://dashboard.stripe.com/register

STEP2:必要事項の入力

Stripeアカウント作成画面にて

  • メールアドレス
  • 氏名
  • パスワード

をそれぞれ入力します。

「最新の製品情報~」にチェックを入れて、[アカウントを作成]をクリックします。

STEP3:メールアドレスの確認

アカウント登録が完了したら、メールアドレス宛に確認メールが届きます。

メール本文の[メールアドレスを確認]をクリックして、認証を完了させましょう。

メールアドレスの確認が完了すると、Stripeの管理画面に移ります。

この段階では決済機能がまだ利用できないので、決済機能を有効にするための設定を行います。

STEP4:Stripeの本番環境を設定する

Stripe管理画面上部の[設定を開始]をクリックします。

支払いを有効にするために、5つのステップに分けて情報を入力していきます。

1.ビジネスの確認

ビジネスのタイプ
事業詳細
申請者の詳細

法人の取締役
改正割販法に関連する質問

日本の改正割販法に準拠するため、以下の質問に回答します。

公開情報

顧客向けに公開される情報を入力します。

2.銀行を追加する

Stripeから売上を受け取る銀行口座を入力します。

3.アカウントを安全に保つ

アカウントの安全性を維持するため、Stripeでは2段階認証が必須です。

[SMSを有効化]をクリックし、携帯電話番号を入力しましょう。

携帯電話番号宛にSMSメールが届くので、SMS認証をおこないます。

4.詳細情報の追加

「詳細情報の追加」では、

  • 売上税・VST・GSTの自動計算
  • 寄付

の設定をおこないます。

特に必要なければ、スキップして問題ありません。

5.確認して終了する

最後に入力内容を確認し、[完了]をクリックしたら終了です。

STEP5:公開可能キーとシークレットキーを確認

ここまで進めば、Stripeの「公開可能キー」と「シークレットキー」が発行されます。

公開可能キーとシークレットキーは、Lメンバーズカードとの連携で使用します。

Stripeの管理画面右上の[開発者]→[APIキー]の順にアクセスしましょう。

https://dashboard.stripe.com/test/apikeys

LメンバーズカードとStripeを連携する方法

LメンバーズカードとStripeを連携する方法は、以下の記事で解説しています。

LメンバーズカードとStripeの連携の準備が完了したら、
【LメンバーズカードとStripeの連携方法】にお進みください。

関連記事

※Lメンバーズカードにクレジット決済を導入する場合、Stripeアカウントが必要です。今回の記事では、Lメンバーズカードとクレジット決済システムStripeを連携する方法を解説していきます。STEP1:Stripe[…]

>LINEミニアプリ上で実現するデジタル会員証「Lメンバーズカード」

LINEミニアプリ上で実現するデジタル会員証「Lメンバーズカード」

CTR IMG