【入退室管理機能】入退室の決済情報をスマレジと連携する方法【LINEミニアプリ】

入退室管理機能の概要

Lメンバーズカードの拡張機能「入退室管理機能」には、以下の特長があります。

  • QRコード読み取りで入室・退室の記録を保存
  • 複数スポットで入退室管理が可能
  • 入退室の履歴を場所ごとに確認・分析可能
  • 自動で計算される滞在時間をもとに、利用料金の請求等が可能

また、下記の記事で「入退室管理機能」を詳しく紹介しています。

関連記事

入退室管理機能の概要Lメンバーズカードの「入退室管理」機能では、LINEミニアプリにチェックイン・チェックアウト機能を持たせることができます。具体的には、以下のことができるようになります。管理画面から簡単[…]

入退室の決済情報をスマレジと連携する方法

それでは、入退室の決済情報をスマレジと連携する方法を解説していきます。

Lメンバーズカードの「入退室管理機能」では、「スマレジ店舗ID」をチェックイン場所に設定することで、利用料金をスマレジと連携することができるようになります。

STEP1:まずはLメンバーズカードのスマレジ連携

Lメンバーズカードのスマレジ連携がまだできていない方は、以下の記事を参考にしてスマレジ連携を行ってください。

関連記事

「Lメンバーズカード」は、LINEミニアプリ上で完結するデジタル会員証サービスです。この記事では、「スマレジ連携」の初期設定方法について、解説していきます。「Lメンバーズカード」を「スマレジ」を連携させたい[…]

STEP2:「チェックイン場所一覧」画面にアクセス

Lメンバーズカードの「チェックイン場所一覧」画面にアクセスします。

https://www.l-members.me/checkin_places

STEP3:編集画面で「スマレジ店舗ID」を入力

スマレジ連携を設定したいチェックイン場所の「編集」ボタンをクリックします。

編集画面に移ったら、ページ下部の「スマレジ店舗ID」の箇所に、スマレジ側で設定された店舗IDを入力しましょう。

これで、入退室管理のスマレジ連携は完了です。

入退室の決済の流れ【スマレジ連携】

STEP1:入退室用のQRコード表示

店舗側は、チェックイン場所一覧画面からQRコードを表示します。

https://www.l-members.me/checkin_places

管理画面では、「ミニアプリ内読み取り用」または「直接カメラ読み取り用」のQRコードがそれぞれ取得可能です。

STEP2:入退室時にQRコード読み取り

お客さまは、「チェックイン時」と「チェックアウト時」の計2回、表示されたQRコードを読み取ります。

これにより、Lメンバーズカード内で、自動的にお客様の滞在時間と利用料金が計算されます。

利用料金の自動計算を事前設定する方法はこちら

店舗でレジ決済の場合

スマレジの「取り置き履歴」に、入退室の決済内容が連携されているため、レジ操作で簡単に呼び出して決済処理が可能です。

STEP3:オプションメニューで[一覧選択]を選択

スマレジアプリの「販売業務」画面でオプションボタンをタップし、取り置き欄の『一覧選択』をタップします。

STEP4:取り置き情報を選択

取置きしている取引が一覧で表示されるので、販売したい取引をタップします。

STEP5:会計処理をおこなう

販売業務画面に取置きの情報が表示され、内容に間違いがなければ、チェックアウトして完了です。

クレジットカード決済の場合

LINEミニアプリ上で決済が完結し、スマレジの取引履歴に決済情報が連携されます。

STEP3:チェックアウト完了画面の[クレジットカード決済へ]をタップ

チェックアウト完了画面の[クレジットカード決済へ]ボタンをタップし、決済画面へ進みます。

STEP4:決済情報を入力

クレジットカード決済画面へ進むので、クレジットカード決済を行います。

STEP5:スマレジ取引履歴に自動反映

クレジットカード決済後、外套の取り置き履歴が「取引済み」になり、取引履歴に決済情報が自動反映されます。

【スマレジ管理画面】引き取り済みになった取り置き履歴

【スマレジ管理画面】決済後に作成された取り置き履歴

まとめ

今回は、Lメンバーズカードの入退室の決済情報をスマレジと連携する方法を解説しました。

Lメンバーズカードでは、お客さまから寄せられた声をもとに、日々アップデートを続けています。
ぜひ今後のアップデートにもご期待くださいね。

>LINEミニアプリ上で実現するデジタル会員証「Lメンバーズカード」

LINEミニアプリ上で実現するデジタル会員証「Lメンバーズカード」

CTR IMG