【セグメント配信機能】タブ型リッチメニューの作成方法【LINEミニアプリ】

「タブ型リッチメニュー」の作成方法

LINE公式アカウントのトーク画面に「タブ型リッチメニュー」を導入することで、サービスの情報を多く掲載できるだけでなく、カテゴリーごとにメニューを切り替えることが可能になります。

「タブ型リッチメニュー」の作成方法は、以下の通りです。

  1. Lメンバーズカードの管理画面にアクセス→[新規作成]
  2. 展開したいタブの数だけリッチメニューを作成
  3. それぞれのリッチメニューにアクション「リッチメニュー切り替え」を追加

Lメンバーズカードの管理画面にアクセス→[新規作成]

まずは、Lメンバーズカードの管理画面にアクセスしてください。

https://www.l-members.me/segment_richmenus

「セグメントリッチメニュー一覧」画面が表示されたら、メニュー右上の[新規作成]をクリックします。

展開したいタブの数だけリッチメニューを作成

リッチメニューの作成画面に移ったら、展開したいタブの数だけリッチメニューを作成します。

今回は、

  • 「おすすめアイテム」
  • 「メニュー」

という2つのタブを展開したいので、「タブ型リッチメニュー1」「タブ型リッチメニュー2」を作成しました。

リッチメニューの作成方法については、以下の記事で詳しく説明しています。

関連記事

「タブ型リッチメニュー」の作成方法LINE公式アカウントのトーク画面に「タブ型リッチメニュー」を導入することで、サービスの情報を多く掲載できるだけでなく、カテゴリーごとにメニューを切り替えることが可能になります。[…]

それぞれのリッチメニューにアクション「リッチメニュー切り替え」を追加

リッチメニューが作成できたら、それぞれのリッチメニューにアクション「リッチメニュー切り替え」を追加していきます。

1.セグメントリッチメニューの編集画面に移動

Lメンバーズカードの「セグメントリッチメニュー一覧」ページから、タブ切り替えしたいリッチメニューを確認します。

右側の「編集」をクリックし、編集画面に移動してください。

2.[アクションを追加]ボタンをクリック

編集画面に移ったら、ページ最下部の[アクションを追加]ボタンをクリックします。

3.タップ領域の入力

今回は、「メニュー」タブをタップしたときにタブが切り替わるようにしたいので、以下のように設定しました。

タップ領域:左から1250pxの距離、上から60pxの距離、サイズは横幅1190px、縦幅321px

4.タイプ:リッチメニュー切り替え

タイプは[リッチメニュー切り替え]を選択し、リッチメニューはさきほど作成した[アパレル タブ型リッチメニュー2]を選択します。

これで、「おすすめアイテム」タブ→「メニュー」タブへの切り替え設定が完了しました。

5.残りのリッチメニューにも1~4の設定をおこなう

続いて、「メニュー」タブ→「おすすめアイテム」タブへの切り替え設定も行います。

設定方法は1~4と同様で、今回は「おすすめアイテム」のタブをタップしたときに[アパレル タブ型リッチメニュー1」が表示されるよう設定しました。

6.設定完了!

これで「タブ型リッチメニュー」の設定完了です。

以下のようなアクションを設定することができました。

  • 「メニュー」タブをタップしたときに[アパレル タブ型リッチメニュー1]が表示
  • 「おすすめアイテム」タブをタップしたときに[アパレル タブ型リッチメニュー2]が表示

「タブ型リッチメニュー」の利用シーン

続いて、LINE公式アカウントに「タブ型リッチメニュー」を導入した際の具体的な利用シーンをご紹介します。

ここでは一例として、「アパレル系企業」のLINEリッチメニュー導入事例をご紹介させていただきます。

「タブ型リッチメニュー」導入前

まず、「タブ型リッチメニュー」の導入前は、上記画像のようなリッチメニューを使用していました。

一つのメニューのなかに異なるカテゴリー

  • 「キャンペーン情報」
  • 「おすすめアイテム」
  • 「商品」
  • 「事前来店予約」

が同一ページに表示されており、タブ型リッチメニュー導入にあたって、以下の課題が挙げられました。

・カテゴリーごとにリッチメニューを整理したい
・「期間限定」の情報と「基本」の情報を分けたい
・基本の情報を載せたリッチメニューを毎回作り直したくない

「タブ型リッチメニュー」導入後

「タブ型リッチメニュー」導入後は、「おすすめアイテム」と「メニュー」のタブを用意。

ユーザーがはじめにアクセスしたときに表示される「おすすめアイテム」タブでは、期間限定イベントや季節限定のおすすめアイテムなど、企業側が強く推していきたい情報を掲載しました。

また、タップすることで切り替えられる「メニュー」タブには、定番の商品カテゴリーや事前来店予約といった基本情報を掲載し、ユーザーが欲しい情報にすぐアクセスできるように変更しています。

これにより、定番商品の情報を載せたメニューは毎回作り直す必要がなくなり、「おすすめアイテム」の情報やボタン配置も自由度高く編集できるようになりました

タブ型リッチメニューの制作代行も可能

Lメンバーズカードでは、専属のデザイナーによるLINEリッチメニューの制作代行サービスもおこなっています。

ヒアリングから制作まで一貫しておこないますので、オシャレで反応率の高いデザインを作成したい場合は、ぜひお気軽にご相談ください

「タブ型リッチメニュー」のLINE上での見え方

「タブ型リッチメニュー」のLINE上での見え方は、以下画像の通りです。

今回の例では、『メニュー』をタップすることでリッチメニューが切り替わります。

「タブ型リッチメニュー」のメリット

タブ型リッチメニューを導入することで、次のようなメリットがございます。

  1. カテゴリーごとにメニュー切替が可能
  2. ユーザー属性ごとに異なるメニューを表示できる
  3. サービスの情報を多く掲載できる

メリット1:カテゴリーごとにメニュー切替が可能

タブ型のリッチメニューを導入することで、カテゴリーごとにリッチメニューを切り替えることができます

セールやおすすめアイテムの紹介、カテゴリー別メニュー、お問い合わせなど、目的に合わせてタブを準備することが可能になります。

メリット2:ユーザー属性ごとに異なるメニューを表示できる

タブ型のリッチメニューでは、ユーザー属性ごとに異なるメニューを表示することも可能です。

Lメンバーズカードの「会員ランク機能」ごとに異なるメニューを準備しておけば、非会員向けのタブ、会員用のタブ、といった形で様々なユーザー属性に対応できるようになります。

メリット3:サービスの情報を多く掲載できる

LINE公式アカウントのデフォルト機能では、最大でも6つのエリアまでしかアクションを設定できません。またタブ切り替えの機能もありません。

タブ型のリッチメニューを導入すれば、タブ切り替え機能に加えて、自由なボタン配置が可能になります。

とはいえ、あまり情報量を増やしすぎるのはおすすめしません。1つのタブに載せる情報は必要最低限にしましょう。

まとめ

今回は、「タブ型リッチメニュー」の作成方法や具体的な利用シーン、メリットについてお伝えしました。

LINE公式アカウントにタブ切り替えができるリッチメニューを導入することにより、サービスの情報を多く掲載できるようになり、ユーザーの目的に合ったメニュー表示が可能になります。

この機会に、「タブ型リッチメニュー」を活用してみませんか?

>LINEミニアプリ上で実現するデジタル会員証「Lメンバーズカード」

LINEミニアプリ上で実現するデジタル会員証「Lメンバーズカード」

CTR IMG