【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

OGP【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

セグメントリッチメニュー機能の概要

Lメンバーズカードの「セグメントリッチメニュー」機能では、会員ランク毎にリッチメニューを変更可能になります。

具体的には、以下のことができるようになります。

  • 会員ランク毎に表示するリッチメニューを振り分け可能
  • 非会員のみに表示するリッチメニューを設定可能
  • 自由にリッチメニューのサイズを設定できる

会員ランク毎に表示するリッチメニューを振り分け可能

概要1【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

セグメントリッチメニュー機能では、会員ランク毎に表示するリッチメニューを振り分け可能です。

ランク別に特典やポイント付与率を変化させることで、リピーター獲得にも繋がります

非会員のみに表示するリッチメニューを設定可能

概要2【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

セグメントリッチメニュー機能では、非会員のみに表示するリッチメニューを設定可能です。

会員向けのメニューをあえて表示しないことで、会員登録をスムーズに行わせることができます。

自由にリッチメニューのアクションを設定できる

概要3【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

セグメントリッチメニュー機能では、自由にリッチメニューのアクションを設定することができます。

店舗やサービスにあったデザインで、タップできる領域数や複数のアクション設定ができるため、LINE公式アカウントよりも幅広い活用が可能です。

セグメントリッチメニュー機能のメリット

メリット【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

セグメントリッチメニュー機能のメリットは、複数のユーザータイプに対応できることです。

顧客を上手くカテゴライズし、リッチメニューを分けることで適切な誘導を行うことが可能です。

  • 非会員:会員登録やサービス紹介ページに誘導するメニューを表示する
  • 会員:リピーター向けのメニューや貯まったポイントの画面など、サービスをより便利に利用できるようなメニューを表示する

【管理画面】セグメントリッチメニューを新規作成する方法

ここでは、管理画面でセグメントリッチメニューを新規作成する方法を解説します。

管理画面には作成済みのセグメントリッチメニューが一覧表示されており、以下の流れで新しい場所を作成します。

  • 管理画面にアクセス→[新規作成】
  • 必要事項の入力
  • [保存]をクリックして完了

管理画面にアクセス→[新規作成】

まずは管理画面にアクセスします。

https://www.l-members.me/segment_richmenus

以下の画面が表示されたら、右上のボタン[新規作成]をクリックしてください。

管理画面にアクセス→[新規作成]【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

必要事項の入力

続いて、セグメントリッチメニュー作成に必要な情報を入力していきます。

入力事項は以下のとおりです。

  • 名前
  • 有効期間
  • サイズ
  • デフォルトで表示する
  • メニューバーのテキスト
  • 会員ランク
  • リッチメニュー画像
  • アクション

名前

セグメントリッチメニューの名前を入力します。

名前【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

有効期間

セグメントリッチメニューの有効期間を入力します。

「開始日」を現在より先の日付に設定した場合は、その日になるまでLINEミニアプリ上で表示されません。

「終了日」も必ず入力するようにしてください。

有効期間【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

サイズ

セグメントリッチメニューのサイズを選択します。

選択できるサイズは以下の2通りです。

  1. 通常サイズ
  2. ハーフサイズ
サイズ【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

デフォルトで表示する

作成中のセグメントリッチメニューをデフォルトで表示するか選択します。

非会員向けのリッチメニューを「表示する」にしておくのがオススメです。

デフォルトで表示する【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

メニューバーのテキスト

メニューバーに表示されるテキストを入力します。

メニューバーのテキスト【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

会員ランク

リッチメニューを表示させる会員ランクを選択します。

会員ランク【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

会員ランクの設定方法はこちら⇒準備中

リッチメニュー画像

リッチメニューの画像を設定します。

[ファイルを選択]をクリックし、リッチメニューに使用したい画像をアップロードしてください。

  • 画像の幅サイズ:800px以上、2500px以下
  • 画像の高さサイズ:250px以上
  • 画像のアスペクト比(幅/高さ):1.45以上
  • 最大ファイルサイズ:1MB

リッチメニュー画像【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】

アクション

リッチメニューのアクションを設定します。

設定する項目は以下の通りです。

  • タップ領域
  • タイプ
  • リンク
  • テキスト
タップ領域

左から順に

  • 横の位置
  • 縦の位置
  • 横幅
  • 縦幅

を入力します。

タップ領域【会員ランク毎にリッチメニューを変更可能に】セグメントリッチメニューのメリットと使い方【LINEミニアプリ】
タイプ

「リンク」または「テキスト」を選択します。

リンク

タイプで「リンク」を選択した場合、タップ領域をタップした際のリンク先を入力します。

テキスト

タイプで「テキスト」を選択した場合、タップ領域をタップした際に表示させるテキストを入力します。

[保存]をクリックして完了

最後に[保存]ボタンをクリックすれば、セグメントリッチメニューの新規作成完了です。

まとめ

今回は、Lメンバーズカードの拡張機能「セグメントリッチメニュー機能」のメリットや使い方についてお伝えしました。

LINEミニアプリにセグメントリッチメニュー機能を持たせることにより、顧客を上手くカテゴライズし、リッチメニューを分けて適切な誘導を行うことが可能です。

この機会に、「セグメントリッチメニュー機能」を活用してみませんか?

>LINEミニアプリ上で実現するデジタル会員証「Lメンバーズカード」

LINEミニアプリ上で実現するデジタル会員証「Lメンバーズカード」

CTR IMG