【LINEでイベント予約が完結】イベント予約機能の使い方とメリット【LINEミニアプリ】

「イベント予約機能」の概要

Lメンバーズカードの「イベント予約機能」では、LINEミニアプリ上でイベント予約からチェックインまでがすべて完結します

イベント運営に必須の機能から、かゆいところに手が届く機能まで、イベント運営者に必要なサービスを適切に広く提供しています。

具体的には、以下のことができるようになります。

  1. LINE上でイベント予約が完結
  2. 事前決済に対応
  3. POSレジと連携可能
  4. QRコードチェックインで来場者管理
  5. リマインドメッセージを自動送信
  6. 参加者へのセグメント配信

 LINE上でイベント予約が完結

Lメンバーズカードの「イベント予約機能」では、LINEミニアプリ上で募集中のイベント一覧を確認でき、そのままイベントに申し込みできます。

具体的には、以下の流れでイベントを予約します。

1.イベントカテゴリーを選択
2.参加するイベントを選択
3.支払い方法を確認し、申し込みを確定

事前決済に対応

「イベント予約機能」の管理画面にて、イベントの決済方法を『クレジットカード』『現地で支払い』から選択することが可能です。

POSレジと連携可能

イベント作成画面で「スマレジ店舗ID」を入力することで、スマレジ連携が可能になります。スマレジ連携により、『イベント決済情報』をスマレジ側の取引履歴に自動反映させることが可能になります。

QRコードチェックインで来場者管理

イベントの申し込みが完了すると、参加者は開催イベントに対応したQRコードを表示することができるようになります。

そのQRコードをイベント当日に運営者が読み取ることで、その人がこのイベントに参加申し込み済みかどうかを判定し、チェックイン作業をスムーズにおこなうことが可能です。

また、QRコード読み取りが完了し「チェックイン済み」となった参加者は、管理画面にも自動で反映されます。

リマインドメッセージを自動送信

イベント開催の当日に、そのイベントの参加者だけに自動でLINEのリマインドメッセージを送信することが可能です。

約60%という高い開封率を誇るLINEでリマインドメッセージを送ることで、当日キャンセルや予約忘れの件数を少なくし、当日の参加率を高く保つことができます

参加者へのセグメント配信

  イベント開催後、下記の項目をもとに対象者を絞り込み、イベント参加者にLINEメッセージをセグメント配信することが可能です。

「イベント参加後のサンクスメッセージ」や「お得なクーポン・キャンペーン」など、次のアクションに繋げるための施策としてご活用ください

<フィルター条件として利用できる項目>

  1. 会員番号
  2. 顧客名
  3. 参加イベント名
  4. 支払い方法
  5. 人数
  6. チェックインステータス
  7. 申し込み日時

「イベント予約機能」のメリット

Lメンバーズカードの「イベント予約機能」を活用することで、次のようなメリットがあります。

1.イベント運営に必要なサービスがLINE上で完結
2.イベント運営にかかる人的・時間的コストの削減
3.イベント開催後の分析・リピート施策に繋げられる

「イベント予約機能」の使い方

新しいイベントを作成する方法

新しいイベントを作成する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

「イベント予約機能」の概要Lメンバーズカードの「イベント予約機能」では、LINEミニアプリ上でイベント予約からチェックインまでがすべて完結します。イベント運営に必須の機能から、かゆいところに手が届く機能まで、イベン[…]

まとめ

今回はLメンバーズカードの「イベント予約機能」の使い方とメリットをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

Lメンバーズカードでは、今後もユーザーの皆様がお客様とのつながりを深められるよう、引き続きよりよいサービス・プロダクトの提供に励んでまいります。

ぜひこれからのLメンバーズカードにも、ご期待ください。

>LINEミニアプリ上で実現するデジタル会員証「Lメンバーズカード」

LINEミニアプリ上で実現するデジタル会員証「Lメンバーズカード」

CTR IMG